リンクについて考える

リンクについて、海外で調べてみましたが、リンクもまだまだのようですね

ただ、海外サイトの行ってる事がいずれ日本に来るかどうか?微妙ですが、なんと無く行ってる事は共通のようですね

長い間の、多くの出版社がリンクをそれ自身のところに立てた習慣であるとみなしました。 目的は、検索ランキングを追い立てるためにリンクを手に入れることでした。 それは全くマーケティング目的をどんな他のものにもサービスしませんでした。

これはリンク刑罰か新しいアルゴリズムで行かれる多くのサイトに通じました。 リンクの関連する刑罰から首尾よく回復するのは、取り外しをリンクするために包括的なアプローチを必要とします。 その一部が、あなたが、どんなタイプのリンクを取り外す必要であるかを理解しています。

以下のことはリンクをもたらした10の最も一般的なリンク問題が、Googleアルゴリズムアップデートのため刑罰を関係づけたか、またはランキングを失ったということです。

1. 記事ディレクトリ

記事ディレクトリは2012年4月24日に初期のPenguinリリースで打たれました。 だから、現在記事ディレクトリリンクを加えているなら、すぐ、プログラムを止めてください。

記事ディレクトリから生じたいくつかのリンクが、ありましたらさらに、それらを取り除かせるのに働いてください。 それらを取り除かせることができないならGoogle Disavow Toolを使用して、それらがGoogleに無視されるようつくる必要があるみたいです。

このツールの長所について討論したがっている人のために、それを使用してますが、そして、それはリンクチャンピオンのように働いています。

2. 低品質ディレクトリ

低品質ディレクトリがまだPenguinリリースで明らかに手荒に扱われていたという明らかな証拠がありませんが、それは本当に重要ではありません。 ここの正しい政策は明確です。 主要なディレクトリに参加してください: Yahooディレクトリ、DMOZ、ベスト・オブ・ザ・ウェッブ、およびBusiness.com。

その後に、非常に少ない数のディレクトリが垂直的市場に特定であると考えてください。あなたが10個以上のディレクトリリンクで自分を見つけるなら、何か問題はあります。リンクディレクトリはリンクの体積線源ではありません。

リンクの問題はまだまだつづきそうですね

リンクパワー順のサイト掲載

1.ページランクの高いサイトが上
2.同じランク同士ではページ内の発リンク数の少ないサイトが上 ( 先着順 )
3.発リンク数が上位ランクサイトの6分の1未満のときは順位が上になります

最も順位の高いサイトはリンク ダンプに、続きは順次各サイト集に掲載されます。
なお、このサイト集では全てのページの発リンク数を100以内に設定しています。

このサイト集への掲載

このサイトにリンクしていただいたページランク 2 以上、発リンク数 100 以内のサイトは新規登録フォームで登録すると即時に掲載されます。

ページランクと発リンク数チェックツール

 

登録サイトのデータ更新と検索

 

新着サイト


Warning: file(pr_data/data.csv): failed to open stream: No such file or directory in /home/bsmile/www/dampkk/index.php on line 98
サ イ ト 名P Rリンク

トップページ紹介サイト

サ イ ト 名P Rリンク

サイト集メニュー

サイドバー

ダンプのリンクについて、ダンプを理解して、リンクするには?

Copyright (C) ダンプのリンクについて、ダンプを理解して、リンクするには? All Rights Reserved.